住み替え

お住み替えのための3つのご売却提案 お住み替えのための3つのご売却提案

住まい買替の流れは、「売却先行」「購入先行」の二つに分類されます。
「ご売却」と「ご購入」のタイミングが資金計画に大きな影響を与えます。
不動産の買い替えは「計画」と「タイミング」が大事です。
タイミングよく新規住宅の購入の時期と、お持ちの不動産の売却の時期が合えば、
スムーズにリスクもなく進むのですが、実際はなかなか思い通りにはいかないようです。
「ご売却先行」「ご購入先行」のどちらにするかは最初のご相談の際に
お客様の状況から決めていきましょう。

売れてから買いたい!

・希望金額で売ってみたい!
・住み替えたいけど、売れるか不安!
・引越すので売りたい!

  • 住宅販売のプロと相談して売出価格や媒介種別を決められる!
  • 買取保証価格があるので、次の計画が立てやすい!

同時に住み替えたい!

・欲しい物件があって、買替えが決まってる!
・新居の契約までに売れる?
・売却価格が変わると頭金が大変!
・新居の購入と売却が一緒だと手続きが面倒!

  • 買取保証システムで必ず売却できる!
  • 買取保証価格があるから安心!
  • 購入の販売も一社でまとめてできるから容易で安心!

とにかく売りたい!

・相続で資産売却が必要!
・いろいろな理由で現金が必要!
・大切な資産を高く売りたい!

  • 買取保証システムがあるから、売却時期が確定できるので安心!
  • 買取保証価格があるから、手取り額が確定できるので安心!

買い替えの流れ 買い替えの流れ

売却先行の場合

購入先行の場合

新居を購入する前にまず、現有の住まいを売却しておきたい、売却にかかる時間が予測しにくい不動産をお持ちの場合は「売却先行」の計画を立てられることをお勧めいたします。
いかに素早く売却のめどを立てられるかが重要なカギになります。購入物件の資金計画を立てやすくなることもメリットです。

  • ご売却の流れ
  • ポイント
  • ご購入の流れ
  • ご自宅の価格査定
  • ご自宅がいくら位で売れるか、見当をつけて購入の資金計画を立てましょう
  • 購入のための資金計画
  • 媒介契約の締結売却活動の開始
  • ご状況を見ながら、必要があれば売出価格の見直しをしましょう。
  • 予算内で最もご希望条件にあう物件をお探しします。
  • 購入物件の紹介を受ける(現地見学)
  • 契約条件の調整
  • 引渡し日や売買代金の受け取り方法等、具体的に詰めていきます。諸費用・税金を差し引いた手取り金額も確認してください。
  • 売買契約
  • 売却金額と諸条件があえば、売買契約です。次のお住まいのことも考え、引渡しの日に注意しましょう。
  • 売却が確定しましたので購入物件を絞り込みましょう。
  • 購入物件の絞り込み
  • ご自宅の引渡し時期と購入物件の引き渡し時期を確認してご検討ください。
  • 契約条件の調整
  • 売却物件の引き渡し日を考慮し、購入の諸条件があえば売買契約となります。
  • 売買契約
  • ローンの手続き
  • 売却代金の受け取り、購入代金の支払い等、資金の流れを確認しましょう。
  • 残代金の準備
  • 残代金の受け取り物件の引渡し
  • 売却と購入の残代金決済はできるだけ時間をあけずに行うのが理想です。(条件によっては同日)
  • 残代金の支払い物件の引渡し

※購入物件が決まらない場合や引渡し日が合わない場合仮住まいの準備が必要です。

  • ご購入の流れ
  • ポイント
  • ご売却の流れ
  • 購入のための資金計画
  • ご自宅がいくら位で売れるか、見当をつけて購入の資金計画を立てましょう。
  • ご自宅の価格査定
  • 購入物件の紹介を受ける(現地見学)
  • 予算内で最もご希望条件にあう物件をお探しします。
  • 購入物件のしぼり込み
  • 実際に現地を訪れ、購入物件をしぼり込みましょう。
  • 状況を見ながら、必要があれば売出価格の見直しをしましょう。
  • 媒介契約の締結売却活動の開始
  • 契約条件の調整
  • ご自宅の売却予定を考慮し、売買代金・引渡し日等についてご検討ください。
  • 売買契約
  • 売買金額と引渡しの条件があえば売買契約となります。
  • ローンの手続き
  • 引渡し日や売買代金の受け取り方法等、具体的に詰めていきます。諸費用・税金を差し引いた手取り金額も確認してください。
  • 契約条件の調整
  • 購入物件への引越時期を考慮し、売却の諸条件があえば売買契約となります。
  • 売買契約
  • 残代金の準備
  • 売却代金の受け取り、購入代金の支払い等、資金の流れを確認しましょう。
  • 残代金の支払い物件の引渡し
  • 売却と購入の残代金決済はできるだけ時間を空けずに行うのが理想です。(条件によっては同日)
  • 残代金の受け取り物件の引渡し

※購入物件が決まらない場合や引渡し日が合わない場合仮住まいの準備が必要です。

売却先行、購入先行、どっちがお得なの? 売却先行、購入先行、どっちがお得なの?

ご売却先行の場合 ご購入先行の場合
メリット 売却金額が決まり、購入資金にあてられる金額が確定するので、ご購入の資金計画が立てやすくなります。 購入したい物件が先に決まると、仮住まいなど無駄な費用の発生がなくなり引越もスムーズです。
デメリット 購入したい地域の物件が少ないなどの理由で、なかなか希望物件が見つからないことがあります。
先に売却できても引越までに新居が決まっていないと、決まるまでの間、仮住まいをしなければなりません。
売却のめどが立たないと、住宅ローンを二重にしはらわなければならない場合も想定されます。

売却も購入もまずは、ホームトレードセンターにご相談ください。

お住み替えのための3つのご売却提案をさせていただきます。安心の『買取保証システム』で、ご納得いただけるお住み替えを、飯田グループホールディングス・ホームトレードセンターが、ご提案させていただきます。まずはご相談ください。

ご記入いただいた内容は、物件のお問い合わせ、情報の提供等に利用いたします。個人情報は適切に管理し、お客様の同意を得ないで第三者に提供することはありません。お客様の個人情報のお取り扱い全般については「プライバシーポリシー」をお読みください。