飯田ホームトレードセンター
  • エリア検索
  • 沿線検索
  • 東京エリア
  • 神奈川エリア
  • 千葉エリア
  • 埼玉エリア
  • 売却物件大募集!
  • 飯田グループホールディングス・飯田ホームトレードセンターの買取保証
  • 住まいの買い替えの流れ
  • お住み替えのための3つのご売却提案

住まいの買い替えの流れ

住み替えは、まずはプロにご相談を!!

住まい買い替えの流れは、「売却先行」「購入先行」の二つに分類されます。「ご売却」と「ご購入」のタイミングが資金計画に大きな影響を与えます。

不動産の買い替えは「計画」と「タイミング」が大事です。
タイミングよく新規住宅の購入の時期と、お持ちの不動産の売却の時期が合えば、スムーズにリスクもなく 進むのですが、実際はなかなか思い通りにはいかないようです。
「ご売却先行」「ご購入先行」のどちらにするかは最初のご相談の際にお客様の状況から決めていきましょう。


ご売却先行の場合

新居を購入する前にまず、現有の住まいを売却しておきたい、売却にかかる時間が予測しにくい不動産をお持ちの場合は「売却先行」の計画を立てられることをお勧めいたします。
いかに素早く売却のめどを立てられるかが重要なカギになります。購入物件の資金計画を立てやすくなることもメリットです。

詳しくはこちら

ご購入先行の場合

資金計画に無理が無く、現有のお住まいが比較的ご売却しやすい不動産であれば、購入先行が望ましいです。
ご希望の条件にあった物件をじっくりと探した後に引っ越すことができます。

詳しくはこちら

買い替えのタイミングについて

お住まいの買い替えを成功させるには、「ご売却」「ご購入」のタイミングがとても重要です。「ご売却先行」「ご購入先行」での「メリット」「デメリット」を比較してみましょう。

詳しくはこちら






売却先行、購入先行、どっちがお得なの?


  ご売却先行の場合 ご購入先行の場合
メリット
  • 売却金額が決まり、購入資金にあてられる金額が確定するので、ご購入の資金計画が立てやすくなります。
  • 購入したい物件が先に決まると、仮住まいなど無駄な費用の発生がなくなり引越しもスムーズです。
  • じっくりと希望条件にあった物件を探すことができます。
デメリット
  • 購入したい地域の物件が少ないなどの理由で、なかなか希望物件が見つからないことがあります。
  • 先に売却できても引越しまでに新居が決まっていないと、決まるまでの間、仮住まいをしなければなりません。
  • 売却のめどが立たないと、住宅ローンを二重に支払わなければならない場合も想定されます。


首都圏のご売却相談、ご購入相談について、飯田グループホールディングス・飯田ホームトレードセンターにお気軽にご用命ください。

現在紹介可能な物件数
最新情報更新日
2017年10月23日
一般公開
3914
物件
メンバー公開
6370
物件
飯田HTCメンバー会員 入会はこちら
お友達ご紹介キャンペーン
仲介手数料無料物件
新築マンション センチュリー荻窪
新築マンション センチュリー越谷
住宅ローン【フラット35】ならファミリーライフサービス
ローンシミュレーション