飯田グループホールディングスの不動産・住宅購入をサポートします

家が決まったら、いよいよ購入!新築一戸建ての申し込みと契約

新築一戸建てを購入するためには、申し込みや契約にてさまざまな内容を確認する必要があります。とはいえ、家購入は頻繁に体験しないこと。申し込みや契約に関してあまり理解していない方も多いのではないでしょうか。

そこでこのページでは、家購入における申し込みと契約の内容、その際の注意点などについてご紹介します。

まずは購入予約の申し込みを

家購入を決心したら、購入予約の申し込みを行う必要があります。これは、「わたしはこの家を購入します」という意思を示す手続きのこと。ここでは詳細と注意点をご説明します。

・「これ」と決めたら即申し込みを

購入する物件が決まったら、すぐに購入予約を申し込むことが大切です。なぜなら、新築一戸建てなど、不動産会社から直接購入する物件は、販売をスタートした日から早い者勝ちで申し込みを受け付けるため。誰かに先を越されないようにするためにも、家購入を決めたらすぐに申し込みましょう。なお、資金計画なども早めに相談しておくことが大切です。

・申し込み証拠金を用意しておこう

不動産会社または物件によっては、購入予約を申し込む際に“申し込み証拠金”を支払う必要があります。申し込み証拠金とは、家購入の意思をより明確に示すため不動産会社に支払うお金のこと。とはいえ、この時点ではまだ物件の売買契約は成立していないため、購入をキャンセルした場合は返還されます。なお、具体的な金額は数万円~10万円ほどとなっています。

・買付証明書や売り渡し承諾書で、いざ申し込み

家購入にあたり、買主は買付証明書を、売主は売り渡し承諾書を用意する必要があります。買付証明書とは、購入価格や引渡し時期など、あらゆる条件を提示したうえで「この条件なら物件を購入します」という意思を示す書面のこと。売り渡し承諾書は、条件を承諾した売主が買主に送る書面のことをいいます。

新築一戸建てを購入する際は、まず仲介会社に買付証明書を渡します。書面をもとに売主と条件交渉を行い、売主から承諾を得たら売り渡し承諾書を受け取り、微調整を経て売買契約へと進みます。

・申し込み後、キャンセルは可能?

結論からいうと、キャンセルすることは可能です。購入予約の申し込みから売買契約までの間であれば、違約金などが課せられることはありません。ただ、売買契約を結び、かつ手付金を支払ったあとにキャンセルした場合、手付金は戻ってこないため注意が必要です。

購入予約の申し込みを終えたあとのキャンセルは、売買契約の準備をしている売主に迷惑をかけることになります。そのため、しっかり考えたうえでキャンセルするか否かを決めることが大切です。

なお、購入予約の申し込みから売買契約までの間に売主がキャンセルした場合、損害賠償などを請求することはできません。

以上の詳細と注意点を踏まえておけば、購入予約の申し込みをよりスムーズに行うことができるはず。家購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

後々後悔しないためにも!契約前の重要事項説明

家購入の流れにおいて、契約前に重要事項説明が行われます。後悔のない家購入のために、重要事項説明について把握しておきましょう。

・重要事項説明とは

宅地建物取引士による、重要事項説明書の説明のこと。宅地建物取引士に会い、直接説明を聞きます。 ここで注意点をひとつ。重要事項説明書には、法律や不動産に関する専門用語が並んでいるため、重要事項説明を1回聞いただけで理解することは困難といえます。よって、事前に書面のコピーを受け取り、一通り読んでおくことが大切です。そうすることで、重要事項説明時に内容を理解しやすくなるほか、あらかじめ考えていた疑問点の質問もスムーズに行えます。

・重要事項説明でチェックするべきポイント

重要事項説明のチェックポイントは、大きく2つに分けることができます。

まずあげられるのは、“対象物件について”です。物件そのものに関することや法令上の制限などについて確認します。パンフレットに記載されている面積と実際の面積に相違はないか、仮登記になっていないかなどをチェックしましょう。このほか、土地と道路の関係やインフラ整備、敷地・建物の状態なども確認する必要があります。

次にあげられるのは、“契約条件について”です。主に、代金以外に必要な金銭(手付金など)や契約解除について確認します。手付金の目的や金額をしっかりと確認しましょう。また、契約解除には手付解除、契約違反による解除、ローン特約による解除とさまざまな種類があるため、いずれも詳細をしっかりと把握しておくことが大切です。このほか、供託や保険加入、周辺環境の嫌悪施設なども確認しましょう。

もう、後戻りはできない!契約も慎重に……!

重要事項説明書の内容に異論がなければ、本格的に契約を結ぶこととなります。以下にて、その際の注意点をご説明します。

・契約時の手付金について

売買契約を結ぶ際、買主から売主へ手付金を支払わなければなりません。金額は物件の購入価格の5~10%ほどになります。たとえば、2,000万円の物件を購入する場合、手付金は100万円~200万円ほどになるのです。決して安い金額ではないため、定期預金の解約などが必要な場合は、あらかじめ準備するよう心がけましょう。

・契約書の内容でチェックするべきポイント

契約書は重要事項説明書同様、ポイントや注意点をしっかり確認することが大切です。場合によっては重要事項説明書と重複していることもありますが、気を抜かずチェックを徹底しましょう。

チェックするべきポイントは、登記関連や公租公課、瑕疵担保責任などです。引渡しや登記の時期が代金の支払い後であるか、契約後に瑕疵が見つかった場合の対応はどのようになっているかなどを確認します。加えて注意点として、アフターサービス・メンテナンスの確認も怠らないようにしましょう。アフターサービスの内容を事前に確認しておけば、万が一のことがあっても落ち着いて対応することができます。

このほか、物件の表示や売買代金と支払い方法、売買面積、備品などの引き継ぎ、契約解除の条件や方法などもきちんと確認することが大切です。

ひとつずつ段階を踏んでいこう

いかがでしたか。家購入にあたり、物件予約の申し込みや重要事項説明、売買契約は避けて通れません。ポイントや注意点を把握し、ひとつずつ丁寧に取り組んでいけば、満足のいくマイホームを手に入れることができます。

それぞれがどのようなものなのか事前に把握し、理解を深めたうえで取り組んでいきましょう。

ピックアップ!

PICK UP!

購入者インタビュー

INTERVIEW

インフォメーション

INFORMATION

資産売却

ASSET SALES

地図検索アプリ

MAP SEARCH APRICATION

購入ガイド

GUIDE

スマートフォン

SMARTPHONE
スマートフォンはこちらから

営業社員募集

RECRUIT

飯田グループホールディングス グループ会社

GROUP COMPANY